高潮情報

ヴェネチアには高潮による浸水の問題があります。イタリア語では「アクア・アルタ」、英語では「ハイ・ウォーター」と呼んでいます。
一般的には、9月から4月までが「アクア・アルタ」の時期とされています。

高潮はヴェネチアの島全体を同一に浸水させるわけではなく、島内の各地域における海面からの高さの違い、島全体に張り巡らされる運河からの距離、浸水の原因の要因のひとつ下水道や排水設備の配置など、様々な要因があります。
過去の研究によると、通常の潮位より潮位 90cmまでの高潮の場合、海面からの高さが低い地域や、排水設備が近い場所は浸水しやすいですが、それら場所を避けれることが可能であれば、通常通り歩けます。
ただし、90cm以上になってくると、浸水している場所も増えてきます。通常の潮位より潮位 120cm以上になると、島の約1/3が浸水します。
実際、浸水した場合の対処法は、長靴を履くか、浸水しやすい場所に並べられている足場の台の上を歩くかです。この足場は島内でも一部の場所に設置されているだけなので、長靴を履いて移動することが最も便利です。
長靴は、一時的な対処として、靴から膝下までを覆う長靴式レインコートのようなものが、街中のお土産物屋で6~10ユーロで売られています。または一般のゴム製のものも10ユーロ位でで購入できます。

ヴェネチアの高潮の時期は、通常9月から4月までとされています。ただし、近年は気候変動の影響で、5月から8月にも、サンマルコ広場が、浸水している光景を見る回数が増えてきました。高潮はヴェネチアの島全体を同一に浸水させるわけではなく、各地域で海面からの高さの違い、島全体に張り巡らされている運河からの距離、浸水の原因ともされている下水道や排水設備の配置など、様々な要因で、高潮の状態が異なります。
通常の潮位より潮位 90cmまでの高潮の場合、海面からの高さが低い地域や排水設備が近い場所は浸水しやすいですが、それらの場所を避ければ、通常通り歩けます。ただし、90cm以上になってくると、浸水している地域も増えてきます。通常の潮位より潮位 120cm以上になると、島の約1/3が浸水します。

実際、浸水した場合の対処法は、長靴を履くか、浸水しやすい場所に並べられている足場を歩くかです。足場は全ての浸水している場所に設置してあるわけではありません。長靴を履いて移動することが最も便利です。長靴は、一時的な対処として、靴から膝下までを覆う長靴式レインコートのようなものが、街中のお土産物屋やタバコ屋で6〜10ユーロで売られています。

ヴェネチアの島の一部に設置された観測所で計測される下記のデータが基準になっています。潮位監視予報センターでは、海洋データや気象データを分析して正確な予測を出しています。通常48時間前からの予報も出されていますが、正確なのは48時間内とされています。
通常の潮位:- 50〜79cm
イエロー・レベル  通常の潮位より 潮位 80〜109cm 上昇
オレンジ・レベル  通常の潮位より 潮位 110〜139cm 上昇
レッド・レベル   通常の潮位より 潮位 140cm 以上 上昇

高潮(アクア・アルタAcqua Alta)警報:110cm以上になる場合、4段階に分かれてサイレンが鳴ります。サイレンを理解するには、音を数えることで理解できます。サイレンは何度か繰り返して鳴ります。
・110 cm : 一音が同音で長引く
・120 cm : 二音が高音になっていく
・130 cm : 三音が高音になっていく
・140 cm 以上 : 四音が高音になっていく

高潮の頻度
通常、水位が80〜109 cmのときは「持続的な潮」、110〜139 cmのときは「非常に強い潮」、140 cmを超える時は「例外的な満潮」のことを言います。ヴェネツィア市の潮予報・報告センター(CPSM)によると「持続的な潮」80〜109 cmで、既に「都市の最下点(サン・マルコ広場)の歩行者の交通に問題が発生する」高さとなり、「例外的な満潮」140 cmを超えると、都市の59%が浸水するそうです。

潮予報・報告センター(CPSM)サイトでは、1983年にセンターが設立される前に存在していたさまざまな情報源から推定された1872年からのヴェネツィアの高潮に関するデータによると、歴史的に、110センチのレベルを超える満潮はかなり稀でしたが、過去50〜60年で激化しました。1870年から1949年の間に、110cmを超満潮が30回記録されました。潮が110 cmを超える日数が最も多かったのは2009年と2010年で、どちらも14日でした。次に2014年は13日でした。2018年には、7日しかありませんでした。 データでは、140cmを超える潮に関しては、2000年までに120年以上で平均9年しか例外的な高潮は発生しませんでした。

潮予報・報告センター(CPSM)のは、電話サービス、新聞、掲示板、水上バスの乗り場などを通して高潮情報が伝達されます。ヴェネチア市のサイトからも、登録すればメールや携帯に高潮予報のメッセージが送信されます。また、潮状況アプリ(hi!tideVenezia )を携帯にダウンロードして、ヴェネチアの島各地域の浸水状況が確認できます。一方で、高齢者はネットや携帯を使いこなせない方々もいるので、市に登録すれば、自動的にコンピュータで携帯電話に連絡が入るようになっています。イタリアも日本同様に高齢化が進み、人口の22%以上が高齢者と言われています。特にヴェネチアの島は高齢者の住民が多い地域です。そんな中で、高齢者にむけの有効なシステムが取り入られるようにもなりました。