カーニバルと仮面

ヴェネチアのカーニバルが誕生した時期は様々な説があります。「カーニバル」という言葉が市民の娯楽として1094年の資料に記載されています。公的資料ではヴェエネチア共和国の元老院が四旬節(復活祭の40日間)の前日が祝日と認めた1296年に「ヴェネチアのカーニバル」として公告されたそうです。それ以外には、イタリア本土側のアクイレイアの総主教との抗争に勝利した1162年に、この勝利を祝して、サン・マルコ広場に集まって祝宴が行われたのが「ヴェネチアのカーニバル」となったとか。

ヴェネチアの仮面カーニバルは仮面をつけることで、社会的身分や男女、宗教などの違いを超えて、心から楽しむことを意図として仮面をつかうようになったと言われています。15世紀にはヴェネチア共和国の盛大な祭典にまでなりました。しかし、1797年のナポレオンの支配でヴェネチア共和国が滅びると同時にカーニバルも衰退してしまいました。長い空白期間の後、1979年にヴェネチア市、フェニーチェ劇場、県の企業などの協力によって、またイタリア政府がヴェネチアの歴史と文化を復活させ、自らの成果として伝統的な祭典を利用する試みも加わり、カーニバルはようやく再開されました。

現在、仮面カーニバルは毎年、約300万人の訪問客で賑わい、ヴェネチアの最も重要な年間行事の一つとして存在しています。カーニバル最後の週末に行われる仮面コンテストがあり、ファッション・デザイナーなどが、「最も美しい仮面)」と称して審査員として投票します。この時期の観光客は2つに別れます。大半の観光客は仮装した人々を写真撮影に来ます。もう一方の観光客は手作りの衣装や貸衣装を身につけて、ヴェネチアの街中を練り歩き、前者の観光客の写真のモデルになり、脚光をあびること楽しみます。ヴェネチアの子供達は、この時期になると毎年好きな人物に仮装させてもらいカーニバルを楽しみますが、大半の大人達は仮装はせず、カーニバル期間中にある宗教的行事である「肥沃な火曜日」と「灰の水曜日」を家族や友人と楽しみ、日中は商売に励みます。富裕層のヴェネチア人や観光客は、昔の貴族のように仮面と豪華な衣装をまとい、様々な宮殿で行われるプライベートの仮面舞踏会を楽しみます。